2013年01月13日

もしも未来がわかったら

私が中学生の頃の実話です。

占いのような、神さまのような、先生のような・・。
とにかくとてもよく当たる先生がいるというので、近所で有名なところがありました。目

うちの母親がそこで家族の運勢みたいなものをみてもらいました。
そしたら、「兄貴が事故で大怪我する」。と言われたそうです。

当時兄貴は高校生でバイクで最寄駅まで通学していました。
(住んでいたところが田舎で、自転車だと最寄駅まで15分くらいかかります)

そんなことで、バイクの免許を取ったばかりの兄貴は母に言われて自転車で駅まで通学するようになりました。

それから10日くらい経ったでしょうか、兄貴が大怪我して帰ってきました。

全然信じていなかった私は
「おお!、占い当たったやんけ!自転車で行っててよかったな(o^∇^o)ノ」

兄「おお、一応当たったんやけどな・・。」

私「なんで?」

兄「○○(友達)がバイクやから自転車の後ろを足で押してもらっててな、スピード出たまま歩道に乗り上げ損ねて大転倒や(T_T)」

私「あはは、運命はわかってても避けられへんねんな。意味ないな(笑」

兄「ていうか、バイクで行ってたら押してもらうことも無かったから、コケへんかったんちゃうか・・・。」


最初から自転車で大転倒するのを予知していたとしたら、その先生の言うことを聞いたからで・・。
そもそも、母が見てもらいにいく時点から運命が決まっていたのかしら?
(真相を知らない母は、バイクの転倒が自転車の転倒で済んで占いのおかげだと喜んでいましたがw)

まぁ、当たるにしても、当たらないにしても、運命を変えられないなら意味がないような・・。


未来がわかったらなぁ・・。ぴかぴか(新しい)

(わかっていても変えられないなら、意味はありませんけど・・。)
posted by teru at 22:49| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。